浅間山麓徒然日記2

名峰・浅間山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

浅間山麓徒然日記6がスタートです

浅間山麓徒然日記5も激動の2011年とともに幕を閉じ、2012年からは

浅間山麓徒然日記6

がスタート。2012年10月からはスタイルを変えて(ほんのちょっとですが)、恒久的に続けていきます。どうぞよろしくお願いします。
  1. 2017/08/19(土) 21:33:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

「浅間山麓徒然日記5」がスタート

2011年を迎え、浅間山麓徒然日記4も1月1日より

浅間山麓徒然日記5

へ衣替え。

現在は東北地方太平洋沖地震の被災者に対し鎮魂の意味で休載中ですが、春の芽吹きとともに再開し、今はGW特集を過ぎて実りの秋からもうすぐクリスマスバージョンです。よろしかったら是非遊びに来て下さ~い。
  1. 2011/12/19(月) 21:49:14|
  2. 未分類

浅間山麓徒然日記も新編へ

2010年を迎え、浅間山麓徒然日記3も1月1日より

浅間山麓徒然日記4

へ衣替えして、今は寒波に震えながらのモードでつぶやき中。是非遊びに来て下さ~い。
  1. 2010/12/25(土) 19:27:21|
  2. 未分類

続編の弟分「浅間山麓徒然日記3」もほぼ日で更新中です。

(スポンサーサイトをブロックするために定期的にアップしています。ご了承下さい。)

浅間山麓徒然日記2の日記も一段落。これからも続編である弟分の浅間山麓徒然日記3 

も、晩秋モードです。よろしかったら遊びに来て下さい。
  1. 2009/10/31(土) 17:14:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も一年お世話になりました & お知らせ

KUNIEです。皆さん、今年も一年お世話になりました。


御礼に引き続きまして、皆さんにお知らせがあります。この度、「浅間山麓徒然日記2」はお引越しをします。向かいます先は、

「浅間山麓徒然日記 http://longmorn.blog36.fc2.com/ となります。


う~ん、「浅間山麓徒然日記」⇒「浅間山麓徒然日記」とした時に、釣りバカ日記は興味がないとバカにしたことへの呪いなのかな~、なんかこのような方向へ向かうことへの予感みたいなものはずっと思っていたのですが、自分なりに

このブログは日記なんだから、日記帳のようにある程度のところで閉じてしまい次へ行く

といったことの方が良いのではないかと考えるようになりました。


それと、何年もブログをやっていると、最初の時の記事がどんどん底の方へ追いやられていってどんどん古くなっていくよりは、どこかで完結させてやった方が見る側の人も見やすいかなぁ?と思い、今回のお引越しと相成りました。

今でも本家の「浅間山麓徒然日記」はトータルアクセスですが、月間の日別最大値で40~70台のアクセスがあります。古い日記もそれなりに生きています。
そして同じことを何年か続けていくと、5年後10年後には、私は毎年夏には八ヶ岳に登り、5月末にはスポニチ山中湖ロードレースでハーフマラソンを走っているから、読者はその筋の方が半分以上...とかね。


引越し先は、使い慣れたブログのFC2で、レイアウトもほぼ変わらずにです。

では新居にて皆様のお越しをお待ちしています。年の瀬のお騒がせをお許しあれ。
  1. 2008/12/27(土) 10:28:51|
  2. 暮らしの知恵

今年もそろそろ その2

今日は動物編です。どうぞ。

DVC20080211 (17) DVC20080212.jpg

P20080412-0 (16) P20080412-0 (20)

P20080412-0 (31) P20080503-1 (21)

P20080621 (26) P20080621 (46)

P20080814 (36) P20080814 (46)

P20080814 (64) P20080814 (66)

P20081011 (104) P20081013 (94)

P20081102 (35) P20081102 (80)

P20081102 (140) P20081122 (36)

P20081122 (52) P20081123 (41)

愛らしい彼らにも、良き新年が来ますように。
  1. 2008/12/26(金) 10:12:22|
  2. オヤジの元気の素

今年もそろそろ その1

もう少しで2009年。早いものです。

さて、ちゃかちゃかっと絵日記で振り返ってみますか、2008年を。
DVC20080113 (14) DVC20080114 (2)

DVC20080206.jpg DVC20080211 (10)

P20080313 (1) P20080313.jpg

P20080621.jpg P20080623.jpg

DVC2080720 (59) DVC2080720 (62)

P20080809 (22) P20080814 (24)

P20080817 (10) P20080824-1 (106)

P20080824-1 (31) P20080824-1 (55)

P20080829 (39) P20080829 (51)

P20080906 (25) P20080906 (24)

P20080914-1 (3) P20080914-1 (21)

P20081011 (29) P20081011 (31)

P20081013 (15) P20081102 (30)

P20081102-2 (3) P20081102-2 (24)

P20081123-1 (11) P20081123-1 (15)

P20081123-1 (4) P1000488.jpg

P1000486.jpg P1000484.jpg

さて、明日は動物編です。お楽しみに。
  1. 2008/12/25(木) 10:30:25|
  2. オヤジの元気の素

本日午前6時49分の八ヶ岳方面

20081224065640
小海線佐久平駅ホームから見た、佐久平南方に広がる八ヶ岳~蓼科山の山並です。
  1. 2008/12/24(水) 06:56:41|
  2. 佐久市とその周辺

鈴ヶ森刑場跡??

20081224060409.jpg
先週ウォーキングのルートを、また例のワンタン麺屋さんの前を通る方向にとってみたら

オヨヨ!綺麗になってる。

って、前が別に汚かった訳じゃない。私が以前「晒し首」と形容したバレーボール大のワンタンの模型が外されていたからだ。(11/20の日記を参照されたし)

相変わらず店は繁盛している。晒し首(いえ、ワンタンですって。)の有無は客足には関係ないようだ。

でもさ、障害物が取り除かれると寄り道したくなっちゃうから、ダイエット中のオヤジのためにぶら下げといてくれないかな、晒し首。
  1. 2008/12/24(水) 06:04:12|
  2. 東京砂漠とその周辺

今年のお父さん

P1001218.jpg
「今年も」なのかもしれませんが、やはり今年の日本一のお父さんはこの方をおいて他にはないでしょ~う、はい。
  1. 2008/12/23(火) 07:48:27|
  2. 深い意味は...ないです。

赤名リカを返せ!

20081222063008
(先週のことです。それに下手な写真ですみません。)
それは偶然の出会いだった。ほぼ出会い頭に近いかな。

地下鉄副都心線渋谷駅から、たまたま山手線側ではなくていつも背広を作っている店の側へと15番出口のエレベーターから外へと出たら、そこは

カンチをさとみちゃんに取られちゃった赤名リカが、ずっと待ちぼうけを食らって立っていた東急文化会館の前の歩道だった。

なぜ、パッとその光景が頭に浮かんだかというと、実際ドラマの中で映ったかどうかは定かじゃないが、東急東横線の渋谷駅ホームの独特な東急マークを型どった壁面板が目に入って、

ああ、ここだ

と思った次第。


鈴木保奈美と織田裕二のフジテレビ「東京ラブ・ストーリー」は大好きなドラマだった。

全編通してバッチリ見たというわけにはいかなかったが、オープニングの主題歌・小田和正「ラブストーリーは突然に」のバックはよく覚えている。
爽やかに微笑む鈴木保奈美、軽やかに走って会社に向かう織田裕二、まだ真っ赤な車体に白いラインの地下鉄丸ノ内線、テレホンカード公衆電話で恋人?仕事先?に連絡している人の列、江口洋介の乗ったトヨタスープラは会社の先輩が飲むこと以外の全てをつぎ込んだ車の車種だった。

まあ、私はあんなに爽やかではなかったが、ほぼ同じ社会環境で20代を過ごしていた。
ん~ん、だいたい携帯電話一人1台の世の中で、今の若い人達の間に

待ちぼうけ

は生き抜いていけてるのだろうか...?

写真の上に映った鉄板の屋根は、東急文化会館跡地の再開発工事(だからプラネタリウムも複数の映画館も6階の紀伊国屋書店も1階のユーハイムも今はない)のために設置されているものだが、いずれこの「出会い頭」を演出したロータリー向かいの東急東横線渋谷駅も地下鉄副都心線にドッキングのため地下に潜って、あの東急マークの壁面板も地上から消えて、赤名リカがどこで待ちぼうけを食らったかも私は思い出せなくなってしまうだろう。

小田和正は歌っていた。

あの日、あの時、あの場所で、君に会えなかぁ~ったら、僕~らはいつまでも、見知らぬ二人のまま。

見知っていたものが、気付いた時には姿を変えて自分の記憶をどんどん遠くに追いやってしまう。

どうせ世の中のオヤジの半分くらいは隠れてコソコソ愚痴を言うのが趣味なのさ、フン!
  1. 2008/12/22(月) 06:30:10|
  2. 東京砂漠とその周辺

ドクター中松監修??

20081221083621
2週間くらい前だったろうか。山手線へ乗り換える私の前をテンポよく階段を駈け上がっていく若い女性。
先を歩いているので、段差のため自然と視線が彼女の足元に。

ふんにゃ?ナイキのマーク?バネ付きかい?でもなんだかキマッているぞ。

で、この前の週末にナイキの直営店で見つけたのがこれ。1足14000円台、高っけー。でも歩きや走りが向上した先にはこういうレベルに行きつくのかしらん。ま、カッコいいはカッコいいわな。

どう?似合う?

KUNIEさん、ドクター中松の信望者だったんですか。やっだーっ!

... ...
  1. 2008/12/21(日) 08:36:25|
  2. 深い意味は...ないです。

オニツカタイガー

20081220073822
「昔の名前で出ています」ってところだろうか。
確かに私がガキんちょの時には「アシックス」ではなかった。

アディダスが幅を効かせた小学校から中学に上がると、部活の少年少女はサッカーを別にすれば、皆オニツカタイガーの信者になった。

でもさ、いかにもオフの靴なのに、気合いを入れたい女の子っているのかな?
まぁ万引きか銀行強盗を家業にする人なら、逃げ足に関しては役に立ちそうな気がするが...。
  1. 2008/12/20(土) 07:38:26|
  2. 深い意味は...ないです。

ディープ・スリーパー

何やそれ??

と訝る向きもおありだろうが、私としては

瓢箪から駒。棚ぼたでもいいかな。

とでも言いましょうか。

手短に言えば、GWのロードレース出場とメタボ対策で平日退社時に始めたウォーキングで、減量も内臓脂肪の低下も中長期の目標なので成果をまだ手に出来てはいないのですが、代わりに全く意図せず転がり込んできたのが毎日の

深い眠り

です。

う~ん、ウォーキングした日はコテッといく。不謹慎だが「逝く」と代えても(2ちゃんの表現だっけ?)いいくらい浅い夢も見ず、ケータイのアラームで「あ、朝か。」と思うほど深く眠れる。
ウォーキングをする前から朝20分の筋トレを半年以上続けてきたが、こんな眠りに落ちた事はない。無酸素運動と有酸素運動の違いってこと???
リンクを貼らせていただいている軽井沢のThubasaさんも都合がつけば初台から東京駅まで歩かれるそうだが、やはり「コテッと組」なんだろうか。

ウォーキングのルートはいくつか出来たが、概ね山手線を2~4駅程度、距離も最長5km弱といったところを50分弱で完歩。佐久でいうと佐久平駅から市役所本庁舎くらいまでかなぁ、感覚的には。

今では、鼻っ面に人参ぶら下げられた馬みたいに「深く眠れる!深く眠れる!」と思いながらハフハフと歩みを進めている訳です。

ラリッているんじゃないかな?とは思っても、ランナーズ・ハイっていうのとはちと違う。歩くその事自体がいい気持ち(と言えなくもないが欲望の主体ではないし、ベーターエンドルフィンまで出てるとはとてもとても。)とはちゃうからね。

ま、なんにしても有酸素運動をし続ける、本筋の目的とは異なるものの強い動機ができたことで、GWの県立駒場公園のロードレースに1歩でも近づければなぁと思う今日この頃です。
  1. 2008/12/19(金) 06:40:11|
  2. オヤジの元気の素

ハウスの香り

20081218002522
(先週のことです。)
ウォーキングに出撃する回数の増えたKUNIE君。この日の1ショットは目黒区駒場の東京大学教養学部裏のフレッシュネスバーガー。(店の側は渋谷区富ヶ谷かな。照り返しで看板が見ずらくてごめんなさい。)
別に新発見て訳じゃなくて、まだ無事にあるのかなぁと寄り道してみたらありましたね、アメリカンテイストのお店がバッチリと。

白い木造平屋の一戸建て。私の好きな米軍ハウス群の一画にこんなのがあったら、さも絵になるんだろうな。昼間に写せたら、もっと雰囲気が分かるのに残念です。

ここがフレッシュネスバーガーの出始め(一説には1号店??)の方で、なかなかいいなと思っていたら、ビルの中の一角を間借りして多店舗展開するうちに、今やフツーのハンバーガー屋に成り下がったような気がします。

もし、このお店と同じ造りで佐久に出店してくれたら、マクドナルドなんてぶった切って

我が家は今後、フレッシュネスバーガーにしか行きません!

と、子供達を説き伏せちゃうんだけどなぁ...とは言ってみたものの、子供がまだ雰囲気に金を投じる歳ではないので、マクドがウチでは勝つな、多分。


◆追記
アップした後にパソコンの画面でブログをしげしげと眺めてみても

これって岩村田のヱビス茶屋(お好み焼屋さん)とどう違うんかい?

といわれそうだなと思って、昔とった写真をアップしてみました。
DVC19.5.20 (37) DVC19.5.20 (34)
でも、やっぱりヱビス茶屋とちょっとしか違いません。ということはヱビス茶屋もアメリカンということですね。
  1. 2008/12/18(木) 00:25:23|
  2. 東京砂漠とその周辺
次のページ